芥川龍之介賞

(あくたがわりゅうのすけしょう)
日本    1935年 〜    (2回/年)   

大正時代を代表する小説家の一人・芥川龍之介の業績を記念して、友人であった菊池寛が1935年に直木三十五賞(直木賞)とともに創設し以降年2回発表される。第二次世界大戦中の1945年から一時中断したが1949年に復活した。新人作家による発表済みの短編・中編作品が対象となり、選考委員の合議によって受賞作が決定される。受賞者には、正賞として懐中時計、副賞として100万円が授与され、受賞作は『文藝春秋』に掲載される。
選考会は、料亭『新喜楽』の1階で行われる。受賞者の記者会見と、その翌月の授賞式は、長く東京會舘で行われていたが、同館の建て替えに伴い、現在は帝国ホテルで行われている。


[ Wikipedia ]

受賞者・受賞作

受賞年 受賞者 受賞作
1 1935年上半期 石川達三 蒼氓
2 1935年下半期 - -
3 1936年上半期 鶴田知也 コシャマイン記
3 1936年上半期 小田嶽夫 城外
4 1936年下半期 石川淳 普賢
4 1936年下半期 冨澤有爲男 地中海
5 1937年上半期 尾崎一雄 暢氣眼鏡
6 1937年下半期 火野葦平 糞尿譚
7 1938年上半期 中山義秀 厚物咲
8 1938年下半期 中里恒子 乗合馬車
9 1939年上半期 長谷健 あさくさの子供
9 1939年上半期 半田義之 鶏騒動
10 1939年下半期 寒川光太郎 密獵者
11 1940年上半期 - -
12 1940年下半期 櫻田常久 平賀源内
13 1941年上半期 多田裕計 長江デルタ
14 1941年下半期 芝木好子 青果の市
15 1942年上半期 - -
16 1942年下半期 倉光俊夫 連絡員
17 1943年上半期 石塚喜久三 纏足の頃
18 1943年下半期 東野邊薫 和紙
19 1944年上半期 八木義徳 劉廣福
19 1944年上半期 小尾十三 登攀
20 1944年下半期 清水基吉 雁立
21 1949年上半期 由起しげ子 本の話