直木三十五賞

(なおきさんじゅうごしょう)
日本    1935年 〜    (2回/年)   

文藝春秋社社長の菊池寛が友人の直木三十五を記念して1935年に芥川龍之介賞(芥川賞)とともに創設し、以降年2回発表される。
授賞する作品は選考委員の合議によって決定される。第6回から、財団法人日本文学振興会により運営されている。第二次世界大戦中の1945年から一時中断したが、1949年に復活した。
選考会は、料亭・新喜楽の2階で行われる。芥川賞と直木賞の受賞者記者会見とその翌月の授賞式は、ともに東京會舘で行われてきたが、同館の建て替えにともない現在は帝国ホテルで行われている。
受賞者には正賞として懐中時計、副賞として100万円が贈呈され、受賞作は『オール讀物』に掲載される。 なお、複数の受賞者がいる場合でもそれぞれに賞品と100万円の賞金が贈呈される。
かつては芥川賞と同じく無名・新人作家に対する賞であったが、1970年代あたりから中堅作家中心に移行、近年では長老クラスの大ベテランが受賞することも多々ある。


[ Wikipedia ]

受賞者・受賞作

受賞年 受賞者 受賞作
1 1935年上半期 川口松太郎 鶴八鶴次郎・風流深川唄 その他
2 1935年下半期 鷲尾雨工 吉野朝太平記
3 1936年上半期 海音寺潮五郎 天正女合戦・武道傳來記
4 1936年下半期 木々高太郎 人生の阿呆
5 1937年上半期 - -
6 1937年下半期 井伏鱒二 ジョン萬次郎漂流記・その他
7 1938年上半期 橘外男 ナリン殿下への回想
8 1938年下半期 大池唯雄 兜首・秋田口の兄弟
9 1939年上半期 - -
10 1939年下半期 - -
11 1940年上半期 河内仙介 軍事郵便
11 1940年上半期 堤千代 小指・その他
12 1940年下半期 村上元三 上総風土記・その他
13 1941年上半期 木村荘十 雲南守備兵
14 1941年下半期 - -
15 1942年上半期 - -
16 1942年下半期 田岡典夫 強情いちご・その他
16 1942年下半期 神崎武雄 寛容・その他
17 1943年上半期 - -
18 1943年下半期 森荘已池 山畠・蛾と笹舟
19 1944年上半期 岡田誠三 ニューギニヤ山岳戦
20 1944年下半期 - -
21 1949年上半期 富田常雄 面・刺青
22 1949年下半期 山田克郎 海の廃園
23 1950年上半期 今日出海 天皇の帽子